ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
ヘッダーメニューへ移動します。
本文へ移動します。
フッターメニューへ移動します。

ここからヘッダーメニューです。

ヘッダーメニューはここまでです。

ここから本文です。

仕事を知る

JPiTは、日本郵政グループのIT機能会社として、グループ各社のビジネスに貢献しています。

日本郵政と協業して進めるグループ向け共用システム

共用アプリケーション

共用システムである人事システムと会計システムの開発、保守業務を担っています。開発業務については、法改正、制度改正、業務見直し等を起因としたシステムの改修を行います。保守業務では、両システムを安定的に運用するために、トラブル対応や問合せ対応、特別な処理への対応など、直接利用者(グループ各社社員)と接点を持ちながら迅速に対応しています。(システム開発本部)

共用基盤

ITインフラとして、" ネットワークシステム"と"PC基盤システム"を設計・構築しています。 ネットワークシステムは郵政総合情報通信ネットワーク、略称PNET(ピーネット)と呼ばれていて、全国24,000以上の郵便局や、ATM、各社のデータセンターをもれなく結びつけている高信頼性と安全性を兼ね備えたネットワークシステムです。PC基盤システム(JP-PC基盤)は、グループ各社社員(20万人以上)に共通の端末環境を提供しています。情報セキュリティ対策や業務効率化など、グループ各社の様々なニーズに応える高品質なサービスを設計・構築しています。(ITインフラサービス本部)

プライベートクラウドサービス

高い俊敏性かつ低コストで、日本郵政グループ各社ならびに関連子会社向けにシステム基盤やワークフローなど共通的なアプリケーションサービスを利用できるクラウドサービスを提供しています。各社における新たな事業、サービスの展開においてシステムの重要性は益々高まっており、一方で、セキュリティに関する脅威もより大きくなる中、必要な時に必要なサービスを素早く、しかも安全に提供できるよう、取り組んでいます。(クラウドサービス本部)

独自事業である個別システム構築、運用保守サービス

クラウドサービス本部

共用システムの枠を超えて、日本郵政グループのビジネスへより広く貢献していくため、新たな事業としてグループ各社ならびに関連子会社向けの個別アプリケーションシステムの構築および運用保守のサービスを提供中です。郵便局や日本郵便のお客様がご利用されるシステム、お客様からの問合せ業務を支援するシステムなどを担当しています。現在はまだ小規模・限定的なものですが、今後の成長期待領域としてチャレンジしています。

構築されたシステム及び基盤の運用・保守サービス

システム運用本部

システムは、使われて初めてビジネスへの貢献が実現できます。JPiTはグループ各事業会社のIT機能の一端を担っていますので、安定稼働を実現する運用・保守サービスは大変重要です。日本郵政グループの共用システムであるPNETという全国に2万箇所以上ある事業拠点を結ぶ大規模ネットワークシステム、事業拠点に配備した数十万台レベルのパソコン、プリンタ等を運用管理するPC基盤システム及びクラウドシステム上のシステム並びに人事・会計システム等の運用・保守を行っています。世界有数の規模を誇るシステム基盤を利用者(グループ各社の社員)がスムーズに利用できるように、日々改善を図りながら運用業務を行っています。

本文はここまでです。

ページの先頭へ戻る。

ページの終わりです。